中古住宅のキッチンリフォーム

結婚を機に新しい家を探していたところ、築11年の板橋区の注文住宅で建てた一軒家を見つけて購入しました。
築11年とは言っても、前の持ち主の方は別に家を所有しており、ほとんど生活をしていなかったようで、とてもきれいな家です。ただキッチンだけが気になり、リフォームを行いました。
元々はクローズ型(壁付き型)でコンロはIH仕様でした。
今後出産も考えている私としては、リビングで遊ぶ小さな子供の面倒を見ながら調理をしたいと考えていたため、対面式を希望。また、IH・ガス両方のコンロを使ったことのある主人は「微妙な火加減の調整はガスの方がしやすい」とのことで、私自身もずっとガスコンロで慣れていたため、そちらに変更を希望。以上のことから、従来のキッチンから対面式でコンロはガス仕様のシステムキッチンへとリフォームを行いました。今はまだ主人と2人ですが、できあがった料理をカウンター超しに渡すことができ、洗い物をしながらリビングテーブルに座っている人とも顔を見ながら話ができるなど、現時点でもリフォームをして良かったと思っています。
ちなみにシステムキッチン一式はリクシルなどのショールームに行き、実物を見て決めました。
キッチンの色決めの際、家の壁の色とマッチした色にしたいと思っていたのに、壁の色をうろ覚えで困りました。家と展示場が飛行機でないと行けないほどの距離だったので、確認しようにもできず。結果的にはマッチした色選びができたので良かったのですが、ショールームに行く際は①リフォーム前の部屋の写真をたくさん撮っておくこと、②冷蔵庫や食器棚が入るスペースを確保できるかなどの観点から寸法の確認をしてから行くことをおススメします。