開けてびっくり素直に終わらないのがリフォーム

我が家の居間の畳が歩くとすごく窪むようになってきて、これは床下が傷んでいるなということで、戸建て住宅のリフォームをお願いしました

いざ畳をはがして開けてみると風呂場の水が床下に流れ込んでおり、その湿気で床材や根太などがほぼ腐っていました、さらに風呂の廃水の詰まりも見つかって、床を直すだけの予定がかなり大掛かりな、リフォームになってしまったことです。

開けてしまってダメなとこが見つかってしまうと、そのままふたをしてしまうわけには行かず、すべてリフォームしました。

まず一番の原因の風呂の排水をしっかりと流れるように引き直してもらい、腐った床材や柱、根太、すべて新品にかわりました。業者さんがこれじゃだめですよと言ってくるのはよくある事ですが、直した居間や風呂は今は何も問題なく使えているので、リフォームしてしまってよかったと思っています。

絶対にリフォームをしようとすると、本来の目的以外の所も傷んでいたり、気になったりということがあるので、予算は多めに用意してからリフォームに臨みましょう。