築50年から快適注文住宅へ

築50年の春日町の家を新しく建て替えました。
建てるきっかけになったのは、雨漏り、床がぬけるなどの老朽化が進み、極めつけはお風呂の故障でした。ガスで沸かすもので、タイマーを文字通り回すという恐ろしく旧型のシステムでした。それがついに壊れてしまったんです。修理すればなんとか使えるとの話でしたが、浴室も雨漏りしていて冬の雨の日は大変です。そんなわけで、我が家の建て替えが決定しました。
家づくりの家族の希望は、「とにかく新しければなんでもいい」からスタートしましたが、父は書斎兼事務所、母は広いシステムキッチン。そして一番は「平屋」ということでした。高齢になっていくことを考え、バリアフリーや手すりをつけたり、階段の上り下りをしなくてすむ平屋でうまくスペースを使うことを考えました。
お気に入りはお風呂とトイレ。リビングとダイニングのスペースを控えめにして洗い場と脱衣所は広めにとりました。トイレは想像以上に広くて笑ってしまいましたが、意外と広いトイレは落ち着きます。ウォークインクローゼットもお気に入りの一つです。
こだわりは、玄関のドア。木製の憧れのドアです。収納の多さと広さもこだわりました。収納内にも照明は必要だと思います。
後悔したスポットは、コンセントの位置です。もっとよく考えれば良かったと後悔しています。全ての照明をLEDで統一しなかったことも少し後悔。
外壁や屋根など輸入住宅に憧れていましたが、やはり日本の環境に合うことが大切だと知りました。できるだけ長く綺麗な状態を保てる材質を選ぶことも大切なことだなと思います。