我が家をリフォームすることになって

PR| 地震に強い家ならパナソニック栃木・宇都宮市で薄毛治療長崎市で効果のある小顔マッサージ四国中央市で痩せるエステなら |

新築一戸建てを建てる以前の私と、義母の仲は正直あまり良くなかったと思います。気を使ってしまうので疲れてしまうし、あまりのんびりな私と、てきぱきとした義母のテンポが合わないのも感じていました。
年に2度の主人の実家の家への帰省はほんとに気を使ってしまい疲れ果てていましあが、義母も義母で私たちが帰ったら疲れて寝込んでいたという話を聞いて、なんだか気を使いすぎるのも困ったものだなと思っていました。そんな時に古い家をリフォームして我が家が住むことになったのです。そしてリフォームするための片づけや、設計の相談なども義父義母とたくさんするようになって、よく話すようになりました。義父義母も片付けに協力してくれました。片付けが長くなるとお腹がすきます。私は昼ご飯を作る生活を何日がして、片付けも協力しているうちによく話せるようになり、苦手だと思っていた義母のきっちりした性格も、尊敬できるようになりましたし、義母が腰が痛そうだったら変わって私が荷物を持ったりしているうちに、助け合えるようになりました。
苦手な義父義母との付き合いも、話す機会が今まで少なすぎて気を使っていたんだなと反省しました。

家の方はというと新築マイホームではなく、中古住宅ですから「まだ使える」という状態の設備だったのですよね。ですから、トイレのリフォーム以外はとくに何もしませんでした。そこ以外は「故障しない限り、後10年は持つかなー」と思われましたので。機能的には古くても使えないことはなかったもので。
しかし、外壁の木のサイディングのハゲだけはどうしても気になってしまって、それで塗り直してもらうことにしたのです。「ただ塗り直しただけ」というと、大したリフォームの内容に思えないかもしれませんが、塗装に当たって足場を組む必要がありましたので、まあ結構な日数もかかるリフォームでしたね。
けれど逆に言えば、外壁を直したことによって見た目がパッと新しくなったので満足しています。中古住宅の中身や匂いは、まあ「古さ」が表れているのですけれど。
今回リフォームで両親との絆が少し濃くなったのかなと思っています。

<PR>|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|童話|JALカード|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|オーディオ|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|心の童話|内職 アルバイト|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|